クラウドレンダリングへのクイックスタート

いくつかの簡単な手順でRebusFarmでクラウドレンダリング用のジョブをアップロードし、レンダリングジョブをより速く実行する方法を学びます。

クラウドレンダリング登録

[ 1 ] クラウドレンダリングのための登録

無料アカウント

レンダーファームサービスを使用するには、最初に登録する必要があります。

無料のレンダーポイント

新規登録者はそれぞれ、25,00 €相当のクラウドレンダリング用25RenderPointsを無料トライアルとして受け取れます。

クラウドレンダリングソフトウェア

[ 2 ] ソフトウェアダウンロード

無料ダウンロード

高度なRebusFarm3.0ソフトウェアをダウンロードします。

RebusFarmは、すべての主要な3Dソフトウェアアプリケーションとレンダリングプラグインをサポートします。

クラウドレンダリング用のレンダリングジョブのアップロード

[ 3 ] レンダリングジョブのアップロード

完全に接続されています。

RebusFarm 3.0ソフトウェアを使用すると、3Dアプリケーションから直接クラウドレンダリングを行うことができます。

アップロード、ダウンロードは、RebusFarmソフトウェア「RebusDrop」によって自動的に管理されます。ジョブの投げ方についてはチュートリアルを確認してください。

クラウドレンダリングジョブ管理

[ 4 ] レンダリングジョブの管理

完全に制御

Rebus ControlCenterを使用すると、クラウドレンダリングジョブを監視できます。このツールを使用するといつでも全てのジョブを開始、一時停止、キャンセルできます。

レスポンシブデザインにより外出先で、ジョブを簡単に管理、制御できます。

クラウドレンダリングジョブのダウンロード

[ 5 ] 自動ダウンロード

完璧なワークフロー

クラウドレンダリングプロセスの後、完成した各フレームは、事前に選択したフォルダーに自動的にダウンロードされます。ダウンロードした全てのデータはすぐにアクセスでき、ジョブ全体が完了するまで待つ必要はありません。

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.
More information Ok